商品詳細

占領神話の崩壊

占領神話の崩壊


通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込価格となります

七十年間地下室に眠り続けた占領期の極秘文書(フーヴァー・トレジャーズ)。戦中・戦後史を書き換える新事実が、いま白日のもとに

 日本の敗戦前後、あまたの公文書が焼却されたと言われている。しかし、決裁文書などを除く多くが「私文書」として個人の手許に残されていた。これらの資料を、占領期に積極的に収集したのが、フーヴァー研究所東京オフィスであった。
 フーヴァー研究所は、スタンフォード大学の第一期卒業生であった第31代米国大統領ハーバート・フーヴァーが1919年に設立した研究機関。戦後、フーヴァー自身、占領下の日本、ドイツに赴き、占領政策にコミットした。その一環として、資料収集計画があった。
 駿河台の東京オフィスを拠点に、1945年11月から1951年3月まで、書籍・専門書・新聞などを含む1468箱が海路米国に持ち出された。これらの資料には、「GHQ直筆・日本国憲法の原文」「東京裁判の宣誓供述書」「関東軍特務機関の阿片政策」「日本共産党員の獄中手記」「特高警察の極秘史料」などの一次史料が多数含まれ、「フーヴァー・トレジャーズ」(Hoover Treasures)と呼ばれることになった。
 本書は、こうして形成された「フーヴァー・トレジャーズ」から占領秘史を炙り出したものである。そこで浮かび上がるのは、日本国憲法制定をめぐるGHQと吉田茂の取り引き、東京裁判における天皇免訴をめぐる暗闘、満洲国の財政を支えた阿片取り引きとそれを担った三菱・三井、日本国内での阿片栽培……などの新事実である。
 戦後に改竄された「歴史の欺瞞」を炙り出す試みであり、『國破れてマッカーサー』の続編、発展版とも言える著作である。

著者:西 鋭夫(ニシトシオ)、岡崎 匡史(オカザキ マサフミ) 発行:中央公論新社  縦書き・ページ数:656 ISBN:9784120054532   [2021年7月25日初版]

☆戦争が起こると歴史的空白の時が流れます。戦後処理の禁忌なストーリーに興味のある方に。